ご挨拶

弊社は、昭和31年4月初代林野庁長官(元)参議院議院三浦辰雄氏の提唱により林業関係者の有志が中心となって設立されました。設立当初は木材需要の拡大に対応して進められた国有林野業の体制の整備に協力し、林業関連の機材を同事業に納入しました。
その後、インドネシア・カリマンタン開発が進められるにあたり、我が国の林業技術の協力が要望され、この技術体系を支える資材の輸出を行って参りました。 昭和40年林業基本法の制定に伴い、林業経営の合理化、特に林業労働力の不足対策とあわせ重筋作業からの開放を目標に造林事業を中心に林業用薬剤の導入が進められることとなり、保土谷化学工業株式会社の御支援を受け林業用の除草剤を取り扱うこととなりました。現在、これら林業用除草剤と併せ、松くい虫予防のための樹幹注入剤・殺虫剤およびカモシカ、ニホンシカ、ウサギなどによる植栽木食害の防止を目的とした草食獣類用の忌避剤など数多くの林業用薬剤を取り扱っております。また、シカ対策用防護柵・森林案内標識板など各種林業資材も取り扱っております。 弊社は、創立以来林業分野と絶えず密接な関連を持ちながら今日にいたっておりますが、半世紀に及ぶ資材供給を通じ、技術ノウハウの蓄積も多く、今後ともこれらソフトを活用して緑の環境の整備、特に森林の健全な育成、利用などの分野で幅広く貢献できるよう努める所存であります。

代表取締役社長 衣笠 勝幸

PAGE TOP