防獣資材:「防獣ネット」「幼鈴樹カバー」「鹿の樹皮喰い・角研防止」の紹介

防獣ネット:野生草食獣食害防止

特長

  • 動物の噛み切りを防ぐため、ステンレス線や、強化繊維入りで、耐久性が高い。
  • 縄の張り方を変えることで、地形の起伏に応じて地面と隙間無く張れます。
  • 設置後でも必要な時、必要な場所に出入り口を設置できます。

面(エリア)での処理について

食害を防止する面での処理にはネットを利用しますが、鹿等の噛み切りによる破損が多く見られました。現在ではステンレス線混入の有結節ネットの開発により、破損は少なくなりました。林地・農地において、野生動物からの食害から守るための各種ネット(実用新案)をはじめ、金属フェンスや電気柵等も揃えております。

各種ネットや資材特長

防獣ネット 仕様説明書:目次
■防獣ネットの設置方法
■防護柵設置図
■支線の張り方
■ロープ取付方法
■防獣ネット仕様書
・ステンレス入りポリエチレンネット
・DMネット
・スカートネット
・副資材
■詳しくは、カタログをご覧下さい。

topに戻る

トピックス
ポコレ ポコレ写真

ポケットコンパスとレーザー距離計が一体化。望遠鏡の視準で距離が測れる「ポコレ」誕生。

商品詳細はこちら

商品詳細ダウンロード

カタログのPDFデータを
ダウンロードできます。

  • 防獣資材
  • 忌避剤
  • 除草剤
  • 殺虫剤
  • 測量機器
DDS-DAIDO SHOJI CO.LTD.